COLUMN

糖化にまつわるコラム

糖化と睡眠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人は海外と比較すると圧倒的に睡眠不足だと言われます。睡眠不足は身体にどう影響を及ぼすのでしょうか。

まず、統計学的に睡眠時間と相関しているのが分かっているのが肥満です。睡眠時間が短いと、肥満になる傾向があります。このことは同じような報告がたくさんあり、紛れもない事実なのですが、それでは睡眠不足が肥満を招く原因は何なのでしょうか。

その鍵を握るのが「インスリン」です。インスリンは血糖値を下げる唯一のホルモン。肥満の人は、そうでない人と比べて食後の血糖値が上がりやすく、さらにインスリンにも抵抗性を持つ傾向にあります。つまり、肥満の人はご飯を食べた後に「血糖スパーク」が起こりやすく、それによりインスリンもたくさん分泌されるものの、抵抗性があるためにうまく作用せずに食後高血糖の状態が続きやすいのです。これはつまり、糖化ストレスが高い状態です。

一方、睡眠には「メラトニン」というホルモンが関係します。メラトニンがうまく分泌されないと、体内時計がずれてしまい、質の高い睡眠が得られにくいことが分かっています。

さらに、メラトニンが低い人は、糖尿病のリスクが高いことが報告されています。別の報告で、睡眠不足の場合、1日を通して血糖値がスパイク状に高くなる「血糖スパイク」を起こしやすいという報告があり、実際にメラニンを投与することでインスリンの抵抗性や糖の取り込みを改善することも分かっています。メラトニンは老化物質AGEsを分解する作用もある「抗糖化ホルモン」なのです。

まとめると、睡眠不足でメラトニンが不足→血糖スパイク、インスリン抵抗性→糖尿病や肥満のリスク

このような流れで説明ができます。

 

また肥満の人は、睡眠不足だけでなく生活スケジュールが乱れやすい傾向にあります。例えば、

  • 夜更かしが多い
  • 朝ごはんを抜く
  • 夜食を食べる

これらの行動も糖化ストレスを加速させる原因となってしまうのです。

 

糖化の側面だけでなく、健やかな肌には睡眠は欠かせません。肌の新陳代謝であるターンオーバーは睡眠時に分泌される成長ホルモンによって促されるためです。

寝る前のスマートホンをやめたり、自分にあった枕に変えるなど、良質な睡眠を確保するための工夫も大切です。

 

参考文献:

・Patel SR, et al. Short sleep and weight gain: a systematic review. Obesity.2008.16,643-653

・Watanabe M, et al. Association of short sleep duration with weight gain and obesity at 1-year follow-up: A large-scale prospective study. Sleep. 2010.33;161-167

・Andersson EA, et al. MRNR1B G24E variant associates with BMI and fasting plasma glucose in the general population in studies of 22142 Europeans. Diabetes. 2010; 59(&):1539-48

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事も読まれています!

糖化と運動
運動が糖尿病のリスクを軽減することは広く知られています。同様に、運動が抗糖化対策になることもこれまでの報告で明らかになっております。実際に、同じ年齢のアスリートは、運動習慣のない人とCMLなどの老化物質AGEsの量が21 […]
糖化を抑える食事法
食べ物や調理法の次は、食事そのものをどのように工夫すると、糖化は抑えられるのでしょう。これまでの報告で分かっていることは次のようなことです。 野菜を先に食べる GI値の低いものを食べる(精製した炭水化物は控える) レモン […]
お酒は糖化にどう影響する?
ビール、ワイン、日本酒・・・ お酒の種類は様々ありますが、いずれもアルコールです。実はアルコールこそが糖化ストレスの引き金となります。アルコールは化学構造式的に「アルデヒド基」を含みます。糖化の犯人は、この「アルデヒド基 […]
アンチエイジングな調理法
糖化対策のひとつに、おすすめの調理方法があります。それは「低温調理法」です。 低温調理とは、一言で言うと、お肉などのタンパク質が変性しない低い温度(40〜65℃くらい)で調理すること。通常茹でたり焼いたりするとタンパク質 […]
糖化と肌の関係
皮膚における糖化ダメージは、見た目が老化に大きく関連してきます。具体的には「しわ」「たるみ」「ごわつき」「くすみ」「シミ」といったエイジングサインを促してしまうのです。   このことを少し詳しく説明したいと思い […]
糖化には2つのルートがある!
糖化は食生活によって大きく影響されます。 気をつけたいのは、糖化によって老化物質AGEsが体内に蓄積されていく経路には、大きく2つあるということです。 1.食べ物そのもののAGEs ホットケーキなど熱を加えた食材は、褐色 […]