DOCTOR RECIPE

ドクターレシピ

健康にいいレシピとは?

いわゆる「健康にいいレシピ」は巷でもたくさん見かけます。
ダイエットにいい、二日酔いにいい、アトピーにいい、など。

健康な身体を作るには、栄養バランスの取れた食事が重要であることは間違いありません。また、見た目年齢は体内年齢と比例すると言われています。つまり、見た目が若々しくあるためには食事によるインナーケアは必須なのです。

しかし、食事とは短期的に効果をもたらすものではなく、習慣として継続することで初めて身体に変化を与えます。

ドクターレシピのモットーは、気負わなくても少しの工夫で美しくなれる、そんなポジティブな食生活を提供すること。

ダイエットも過激なダイエットはリバウンドがあるように、食事は毎日のものだからこそ継続できなくては意味がありません。

そして、ヘルシーな食事を続けることで身体の調子をトータルに改善し、身体の中の酸化、糖化などといったストレスや炎症を軽減してくれます。それがエイジングの針を遅くさせ、いつまでも若々しくいられるポイントなのです。

食事と糖化

抗糖化ケアを始めよう

糖化によって生まれる老化物質「AGE」がたまる経路には2つあります。 1つは食べ物よるAGE、もう1つは食べ方によるAGEです。これらをまとめると、

  •  AGEの低い食材を使う
  •  調理法は「焼く・揚げる」よりも「蒸す・茹でる・煮る」
  • 野菜を先に食べる
  •  ゆっくり・よく噛んで食べる
  • レモンやお酢を取り入れる
  •  食前にお酢ドリンクやヨーグルトを食べる
  • 朝食は抜かさない
  •  食事から就寝まで3時間以上空ける
  •  食後に身体を動かす

このように工夫することで、身体の中で余る糖を減らし、糖化ストレスを抑えることが可能になります。

RECIPE

タッカンマリ風鶏スープ
オートミールパンケーキ
オリーブオイルで!ナスの揚げ煮
プロテインカップケーキ
ブロッコリーとバジルペーストのパスタ
サバのカレー竜田揚げ

NEWS

最新情報

掲載誌のお知らせ

LDK the Beauty5月号「毛穴ゼロ 大検証」にて記事を監修しています。よろしければご覧ください。  

監修記事の公開

3月12日「女子SPA!」にて、花粉による肌荒れについて解説した記事がリリースされました。よろしければご覧ください。 記事はこちら

掲載誌のお知らせ

LDK the Beauty3月号「肌悩み解決テク182」にて記事を監修しています。それにしてもこちら、情報量がいつも以上にすごいです。買って損はないと思います。