ドクターが教える医学的根拠に基づいた健康になるための独自レシピ|ドクターレシピ

ドクターが教える医学的根拠に基づいた健康になるための独自レシピ|ドクターレシピ
小林智子

fukidashi-2

皮膚科医 ドクターレシピ監修 小林智子

健康的な生活を送る上で毎日の食事はとても重要です。「Dr.recipe(ドクターレシピ)」では常に新しくアップデートされる医学論文のデータに基づいた、健康増進・アンチエイジングに効果的なレシピを皆さまに提供いたします。

ブログBlog

ミランダも実践していた、我が家の定番メニュー

2018/10/12   Category: Baby Blog Dr.Recipe

朝ご飯。あなたはご飯派ですか?パン派ですか?

我が家はご飯よりもパン派なのですが、うっかりパンを買っていなかったり、ご飯も朝炊き忘れてしまったりすることがあります。

そんなとき、よく登場するのが「オートミールパンケーキ」です。ここで、「オートミールって?」と思った方。まずはオートミールとはどんなものか、ご説明しますね。

オートミールの原料は、「オーツ麦」です。通常スーパーなどで売られているオートミールは、オーツ麦を乾燥して潰した形状のものがほとんどです。アメリカではよくおかゆのようにして水や牛乳などでお粥のように煮込んで食べるのが定番の朝ご飯。

オートミールは以前は年配の人がよく食べているイメージでしたが、最近では、NYにオートミールの専門店もあるほどで、オートミールにバナナなどのフルーツやナッツをトッピングして食べるのが若い人の間でも人気となっています(しかもすごくおしゃれ!日本にもできないかなぁ。(お店のURLはこちらです))。

オートミールで注目したいのはその栄養価の高さ。オートミールは玄米と同じで精製されていない状態であるため、食物繊維や鉄分、ミネラルなどが多く含まれている点が特徴です。さらに、タンパク質も!オーツ麦は小麦と比較してタンパク質を多く、100gあたり約11gものタンパク質が含まれています(小麦は100gあたり約8g)。そのため、ボディビルダーなどタンパク質を多く摂る必要のあるアスリートの間でもオートミールは人気なんです。

我が家の「オートミールパンケーキ」は、通常小麦粉を使うパンケーキをオートミールで代用したパンケーキです。オートミールを予めブレンダーで粉砕した状態にしておき、それと卵、牛乳、メープルシロップ、ベーキングパウダー少々を併せて混ぜるだけ。本当に簡単です。

そんなオートミールパンケーキを最近雑誌でモデルのミランダ・カーもよく作っていることも知って少し驚きました。やっぱり小さなお子さんがいると、少しでも身体にいいものを、と考えるのでしょうね。彼女の場合はメープルシロップの代わりにバナナを一緒にブレンダーにかけるようで、一手間ありますがさらにヘルシーなレシピ。私の場合は当日そこまで時間をかけられないのでメープルシロップで時短を試みてしまっていますが、バナナを使ったミランダver.もぜひ今度作ってみたいと思います。

味はとっても素朴でシンプルですが息子もお気に入りの「オートミールパンケーキ」。ぜひ試してみてください。

 

<オートミールパンケーキ>

IMG_0762

○材料

・オートミール 100g

・卵 1個

・牛乳 30ml(固さに応じて調整)

・メープルシロップ 大2

・ベーキングパウダー 大1

・バター 適量

○作り方

下準備:オートミールはブレンダーなどで粉砕しておく

1、材料をすべて混ぜる。その際に牛乳は最後に少しずつ入れ、生地を持ち上げたときにとろりと流れ落ちるかたさになるよう調節する

2、フライパンにバター(分量外)を溶かし、溶けたら弱火にする

3、生地をおたまやスプーンですくってフライパンに落とす。弱火のまま、生地を裏返し反対側も焼く

(トータル:602kcal、タンパク質21.5g、脂質21.7g、炭水化物99.7g、食物繊維9.4g)

 

bun