ドクターが教える医学的根拠に基づいた健康になるための独自レシピ|ドクターレシピ

ドクターが教える医学的根拠に基づいた健康になるための独自レシピ|ドクターレシピ
小林智子

fukidashi-2

皮膚科医 ドクターレシピ監修 小林智子

健康的な生活を送る上で毎日の食事はとても重要です。「Dr.recipe(ドクターレシピ)」では常に新しくアップデートされる医学論文のデータに基づいた、健康増進・アンチエイジングに効果的なレシピを皆さまに提供いたします。

ブログBlog

脂肪を燃焼させるゴールデンタイムは?

2017/8/18   Category: Diet Blog

最近、24時間営業しているジムに入会しました。スタジオがなく、マシーンのみのシンプルな設備ですが、筋トレとランニングだけ利用している私にとっては十分です。比較的安くて気軽に続けられそうで、ちょっとでも時間があればジムに行ってます。暑いので他にどこか出かけるわけでもなく、最近はもっぱらスーパーとジムへの外出のみ(笑)。

24時間ジムの一番いいところは、やはり好きな時間に行けることです。ジムはこれまで大手のジムをいくつか経験していますが、9〜10時から営業スタートのところが多い印象。ジムに行かれている方は、どの時間帯に利用することが多いですか?

ここで、タイトルの「脂肪を燃焼させるゴールデンタイムは?」の答えですが、それは

朝食前

と言われています。となると、そうです。大抵のジムの営業時間前になってしまうのです。ここに、24時間営業のジムをおすすめする本当の理由があります。

このことは、2010年に報告されたもので、具体的にどのような研究だったかと言うと…

「健康な若い男性28名を3つのグループに分け、それぞれ普段よりも30%ほどカロリーを余分に摂取するようにし、何も運動しないグループ、朝食後に運動(ランニングなど比較的強度の高いものを1時間ほど、週に4回)したグループ、朝食前の空腹時に運動したグループで6週間後に比較したところ、朝食前の空腹時に運動したグループのみが体重が増えなかった。

というものです。何も運動しなかったグループが体重が増えるのは当たり前かなと思いますが、ショックなのは朝食後に運動しても体重が増えたということ。何か軽く食べてからじゃないと身体が動かないから食後に運動する、という方も多いのではないでしょうか。

空腹時だったら、昼食前や夕食前でもいいか、というとそうでもなく、朝食前こそが代謝が最も高まり、ダイエットに最適な時間であると言われています。なので、理想の生活スタイルとしては早起きしてまずジムに行く→朝食を食べて出かける→ランチはジムフリーでのんびり食べる、といった感じでしょうか。頑張って仕事の合間や仕事帰りにジムに行くよりも、早起きしてジムに行く時間を作る方がよほど効率的だと言えますね。

最後に最近の私ですが、息子が6時には起きて隣で寝ている私を起こします。眠くて腹が立つところですが、そこを「ジムに行く時間を作ってくれてありがとう」と感謝するように(笑)。よく周りから、わざわざ空いた時間をジムに割くなんて、と言われるのですが、ジムに行った日の方が疲れないし調子がいいですよ。もちろん、たまにはスパのようなリラックスできる空間に行きたい…と思うこともありますが、最近は2日もジムに行かない日があると、なんだかそわそわしてしまいます(笑)。暑い日が続いていますが、夏バテ予防にもジムでの運動をおすすめしますよ!

 

参考文献:

Van Proeyen K, et al. Training in the fasted state improves glucose tolerance during fat-rich diet. J Physiol. 2010 Nov 1;588(Pt 21):4289-302. doi: 10.1113/jphysiol.2010.

bun